ANTI-NUCLEAR ART WORKS

  EVENT IN TOKYO
  EVENT IN TOKYO

               1973年       日本橋 ときわ画廊   3m×3m×3m  蠟の総量:80kg                  

press to zoom
ENENT IN HIROSHIMA
ENENT IN HIROSHIMA

       1973年 8月6日 原爆ドーム前、太田川に設置した大スクリーンに、原爆投下からちょうど12時間後の午後8時15分、ときわ画廊で撮影したキノコ雲を映し出す

press to zoom
 BOMBA MESKALINA
 BOMBA MESKALINA

          1975年           シルクスクリーン

press to zoom
  キノコ雲 制作中
  キノコ雲 制作中

         1973年 数ヶ月かかった制作中に、溶けた蠟で足に大火傷を負ったが、奇跡的に何の跡形もなく快復した

press to zoom
 BOMBA MESKALINA
 BOMBA MESKALINA

    詩画集 1975/8/6 発行 詩集 『メスカリン爆弾』 ヨシダ・ヨシエ セリグラフィ/オブジェ たべ・けんぞう 視覚と大脳を狙った爆弾 “ボンバ・メスカリーナ” は、そのネーミングゆえ、ニューヨーク、シカゴ、サンパウロ、ブエノスアイレス、パリなど、あちこちの税関で摩擦を惹起した

press to zoom
    私と妻の正月
    私と妻の正月

         1976年冬        シルクスクリーン

press to zoom
  終末灯を点火せよ
  終末灯を点火せよ

キノコ雲に使用した蠟は、その後すべて溶かされ、たくさんの小さな灯明となって、多くの人たちの手から手へと渡され続けた

press to zoom
   今日の空間展
   今日の空間展

  REMEMBER PEARL CLOUD 夥しい核情報に囲まれて焼け爛れた手が握りしめるのは、当時の若き陸軍航空大佐が30年経ってキノコ雲まで再現して見せた米航空ショーの原爆投下デモンストレーションの記事である

press to zoom
ママ、どうして原爆を・・・
ママ、どうして原爆を・・・

       1981年 ポスター      SAVE THE CHILDREN       シルクスクリーン

press to zoom
 EVENT IN SHINJUKU
 EVENT IN SHINJUKU

    1978年 新宿副都心にて あの朝から33年と4ヶ月の時間が流れた。今日1978年12月8日朝、これからも気の遠くなるような時間が走りつづけるだろう。  たべ・けんぞう

press to zoom
ORANGE OPERATION
ORANGE OPERATION

    オレンジ・オペレーション 1982年 銀座81美術館/東京 1985年 ギャラリー三真堂/東京 1995年 被爆50周年記念展 「ヒロシマ以後」広島市現代美術館 2010年~ 常設展示 おんじゅくフロンティア・マーケット牛舎8号/千葉

press to zoom
  HOMO SAPIENS
  HOMO SAPIENS

   THEY LIVED ON THE EARTH       LONG TIME AGO  粉微塵になった地球を凝視し続ける      ホルマリン漬けの眼球      第三世界とわれわれ展        東京都美術館

press to zoom